Image_000
夏にはまだちょっと早いですが、6月4-5の土日に済井出ビーチにキャンプにやってきました。
ちょっと早いとは言え、前回の年末に比べると十分に夏ですね(笑
Image_008まずは、与那嶺鮮魚店でマグロ・タマン・マクブ刺身・サザエを購入。

店内には、アバサーのランプが沢山吊り下げられていて、良い雰囲気ですね。
珍味のイルカも販売していました。
_DSC0012
Image_005屋我地島済井出ビーチに到着!
すぐにタープを設営。しかし、強風にあおられ、中々うまくいきませんw
二人で30分ほど、照り付ける太陽、強風と暴れるタープと格闘し、やっと完成。
一息つき、キンッキンに冷やしたオリオンスプラッシュビートを乾ききったのどに流し込む。
「ぷはーーーーーーっっつ!!」
今年、一番のビールが味わえました。
Image_001それにしても、昨日場までの雨が嘘かのように晴れ渡り、目の前にはここ最近で一番きれいな海が広がっていました。

少しのんびり・・・

Image_004福地副隊長が少し遅れて到着。
会議用テーブルを持ってきてっくれて、これが大活用。

ベースも完成し、ほっとひと息。
最高のロケーションとお酒と刺身に舌鼓。
試しにと、釣りを早めに開始しました。

Image_003キャンプファイヤー開始!
と、同時に男のBBQも始まった。

分厚いステーキを焼き、すさまじい炎で米を炊き上げる。

粗削りな料理もありましたが、すべて美味でした。

Image_002そして、夜、砂浜にテントを持っていき、3人とも竿をたて、釣り開始。

大量の蚊がまわりを飛び交う中、日の入り2時間後PM8:00、鈴のリンリン‼の音と共に、福地副隊長の竿がぐっとしなっていました。

引き上げてみると約30cmほどのタマンが釣れました!
次の日の朝、タマンとぱしゃり。

_DSC0126

翌朝は、隊長のワイルド朝ごはんで、お腹いっぱい。
まさか、キャンプでこんなに本格的な朝ごはんを食べられるとは思いませんでした。
_DSC0179
Image_009帰りに源河川の冷たい水とマイナスイオンを浴び、さらにリフレッシュ。

天気にも恵まれ、男の絶品料理を食べ、自然いっぱいの北部を満喫した週末でした。

企画して頂いた、宮里隊長に感謝です。